サービス案内

PFOS処理

99.999%以上の分解率で安全・確実

泡消火剤や業務用写真フィルムなどに含まれるPFOS(ペルフルオロオクタンスルホン酸)は、第一種特定化学物質に指定されています。弊社グループでは、全国に7か所しかないPFOS処理施設のうち、札幌・大阪・千葉・横浜の4か所に保有し、全国各地のお客様のニーズにお応えします。

当社の強み

  • 北海道にPFOS専用処理施設を保有(北海道では唯一の広域認定施設)
  • 関西地域でもPFOS処理施設(大阪工場)を保有

該当する含有廃棄物

消火薬剤

トランス

事例紹介

施設地下駐車場で誤って車両が消防設備に接触しスプリンクラーが作動してしまい、駐車場に大量の消火剤が散布されてしまいました。早来工営は三友グループ総力で対応。事案の発生から数時間で対処完了しました。

収集運搬フロー

  1. お問い合わせ

  2. お見積り

  3. 合意・契約

  4. 回収・処理

  1. お問い合わせ

    下記項目を確認して頂いた上で、当社のお問合せ窓口にご連絡下さい。

    • 保管状況
    • 荷姿(容器の大きさなどの情報)
    • 数量(それぞれの本数)

    ※書式は問いませんが、例として「20ℓ ポリ 3本」

  2. お見積り

    お客様より頂いた情報をもとに概算お見積書を用意させて頂きます。

  3. 合意・契約

    お見積書に合意頂ければ、廃棄物処理法に則った契約書をご用意いたします。
    お客様でご用意の契約書案があればすり合わせをさせていただきます。

  4. 回収・処理

    お客様のご都合をお伺いしながら、引取可能日をご報告申し上げます。
    専門要員がお客様指定の場所へ薬剤回収に参ります。安全を第一に作業します。
    回収後、弊社処理施設にて適正処理を実施。
    処理後、すみやかにお客様へご報告申し上げます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせは、
受付時間内に対応させていただきます。
受付時間:9:00〜17:30
(土・日・祝日・年末年始・夏季休暇を除く)
※早来支店のみ7:00〜16:00

北海道エリア

札幌工場/早来支店

北海道エリア

関西エリア

大阪工場

関西エリア